App Storeのアプリで3月27日以降は「iOS 12.1 SDK」の利用とiPhone XS Maxと12.9インチ「iPad Pro」への対応が必須に

App Store

AppleがApp Storeのアプリ提出に関して3月27日以降は「iOS 12.1 SDK」の利用と「iPhone XS Max」と12.9インチ「iPad Pro」への対応が必須になることを発表しました。

それぞれの端末のサポートとスクリーンショットも必要、さらにApple Watch用のアプリに条件が

Upcoming App Store Submission Requirements – News – Apple Developer

「iPhone XS Max」と12.9インチ「iPad Pro」への端末への対応だけでなく、それに合わせたスクリーンショットも必要となるので、アプリ開発者は提出時にご注意ください。

また、Apple Watchのアプリも3月27日以降の提出には「watchOS 5.1 SDK」と、「Apple Watch Series 4」への対応が必須となります。